【ザ・ヒーナキャット】他の追随を許さない圧倒的な世界観のガールズバンド

最終更新: 5月23日


その独特の世界観は観る者を一瞬で惹き込み、心を鷲掴みにする。ボーカルひーちゃんが作り出す独特だがキャッチーなメロディは一度聴いたら忘れられない。

ハードロックや歌謡曲など、既成の表現では言い表せない。「ザ・ヒーナキャット」というジャンルと言っても言い過ぎではないのかもしれない。

2018年には、アイドルユニット「絶叫する60度」とともに「絶叫するヒーナキャット」と銘打ち、全国ツアーを敢行した。


武道館でのライブを目標に掲げ、現在進行系で進化を続けている。2005年に結成後、メンバーの入れ替わりを経て現在に至る。


2020年4月11日、ベーシストのちのが8月23日の東京 浅草花劇場でのワンマンライブをもって、ザ・ヒーナキャットを卒業する事を発表した。

【メンバー】

ひーちゃん

ボーカル&ギター 3月19日生まれ A型






ちの

ベース

5月10日生まれ A型







【ザ・ヒーナキャットのここが魅力!】

  • 一見V系と勘違いされがちだが、綺麗なビジュアルからは想像できないハードでアグレッシブな演奏

  • 独自の世界観の歌詞は一度聴いたらアタマから離れない

  • 曲によっては簡単な振り付けもあり、一緒に楽しめる

  • 代表曲の「恋がしたい」を聴いたら絶対ハマる

 ※アンケートを基にしたファンの声


80年代ハードロック、昭和歌謡、ゴシック。一見、相容れない要素が織りなすノンジャンルな2人組ガールズバンド。どこか懐かしく、ハードでメロディアス、そして物悲しくも可愛い楽曲は、「可愛いかわいそう」と形容される。(引用元:Wikipedia

【ファンが選んだライブでいちばん盛り上がるキラーチューン】

恋がしたい

ファンによるアンケートで、ライブでいちばん盛り上がるキラーチューンに選ばれた。

シングル「恋がしたい」に収録されている。CDレコーディング時には長谷川浩二氏がサポートドラムを務めている。

恋がしたい

amazonで購入可能






【MV】アソビタイ

(出典:YouTube)


【MV】るるる

(出典:YouTube)


【MV】恋がしたい

(出典:YouTube)


【MV】ナツコイハマルヤ

(出典:YouTube)


【MV】夢中毒

(出典:YouTube)


【CD・DVD】

●アルバム

お楽しみ箱〜モノクロの虹〜

2019年3月20日発売 →amazonで購入可能


お楽しみ箱〜水色の涙

2017年7月5日発売

amazonで購入可能


お楽しみ箱〜真っ赤に染まれ

2016年6月1日発売

amazonで購入可能



●シングル

ナツコイハマルヤ

amazonで購入可能




●ライブDVD

ザ・ヒーナキャットのやってきましたO-WEST2017 LIVE DVD!!!

amazonで購入可能





【関連サイト】

ザ・ヒーナキャット公式サイト

436回の閲覧
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

© 2018 ガールズバンド大図鑑